記事一覧

2018年4月2週目

2018年4月2週目

<今週の出来事>
2018-04-2-1
・みつろうクリームをつくる。

2018-04-2-1
・気候が暑くなって虫が出る前に、小麦を加工へ出す。
・農業グループのときのこやの総会
・民宿の整理で不要な家具を一気に処分
・お客様と農業体験が軌道にのってきて嬉しい。

2018-04-2-1

・コウゾの挿し木の芽が出てきた!


<ヤッテミル自給菜園!>
・きぬさやの支柱立て
・夏の果菜、トマト、なす、ピーマンなどの準備のマルチ張り
・ジャガイモが芽を出す
・株分けで増えるネギを移植
・キャベツ、ハクサイ、レタスなどを畑に定植
・なす、ピーマンなどをポット上げ
・通路の除草

<今週の哲学>
・変化をすることが基本

学校とか、会社とか、家庭とか、地域とか、我々は色んなものにたって生きている。
そして、それらが変わらないもののように思える。

変わりたくない、とか
変わらなくっちゃ、とか
思ったりして、バタバタやっている。

農業のため、外に出て、肌で気候、温度、生物の動き、植物の成長などの変化を感じる。それらは、一気に変わることはない。

ひとつの微妙な変化が、次の変化を生んでいくように、気をつけていないとわからないくらいに少しずつ変化していく。でも、それは冬が春になるくらいに大きな変化を進行させていく。

苗を育てていると、その苗の根の張り方に驚く。小さな発芽用のトレイから、少し大きいポットに苗を移す。3センチ四方の土から、マグカップくらい土に移る。するとそれらはいつのまにか、またその空間を根で一杯にする。

それは外からみているとそんなにわからない。でも、確実にスムーズに変化していく。毎日少しずつ。

身辺の整理もそういうところがある。一気にする片付けは、すぐに散らかる。生活の習慣の変化に合わせて、少しずつ掃除したり、ものを何かのついでに、ちょっとしまったりそういう変化は定着する。


そもそも、
変わらないものなんてない。


変わらなくっちゃと必要もない。


全ては変わっているのだ。
何かにしがみついて、変わらないことなんてできない。


変わっていくということを受け入れて、
変わっていくという前提で、流れにのって生きていく。

そして、それは少しずつの変化だ。
一気に何かを、取り替えて、お手軽に済ますことなんてできない。
そういうのは、それなりの結果しか生まないだろう。


苗が根を張るように、
気候が少しずつ変化をしていくように、
自然の流れのように、変化をしていく。

その微妙な変化に合わせていけるように、
微妙な変化を感じ取れる心の在り方を意識していけるように、
生活したいものだなと思う。

その変化を感じとれる余裕が大切なのだ、きっと。




今週は写真映えすることが、沢山あったのに、夢中になってまた写真がない。
余裕が大切なのだ、きっと・笑
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

rakuyainn

Author:rakuyainn
埼玉県比企郡ときがわ町で 農家民宿 楽屋 をやっています。
自給自足や田舎暮らしに興味のある人、ご連絡ください。
みんなでそういうライフスタイル作りをできればと思います。
詳しくは以下のウエブサイトで。
www.rakuya-inn.com
よろしくお願いします~。